とろーり

イタリアチーズの種類と特徴について

イタリアのチーズといえばとにかく硬いものが多いので硬いチーズのイメージがありますが、パルメザンなどがその代表でしょう。
イタリアの北部のチーズはとにかく硬いものが多く代表としてはパルジャミーノなどがあります。
これらの特徴は水分が全然無いのですりおろしたり、薄くスライスして食べるようですね。

それから柔らかくて美味しいチーズで有名なのが日本でもお馴染みの少し高級なモッツァレラと呼ばれる品種です。
モッツァレラは蛋白で癖が全くないので一見するとチーズとかけ離れているように感じられますね。
ですがトマトとの相性は抜群でとても美味しいものとして料理店でも美味しいチーズとして扱われているようです。

これらはイタリアのチーズでも南部の地方で作られているのですがモッツァレラは柔らかいのに弾力があって、少し繊維質のように切ると層に分かれているのが大きな特徴です。
それからイタリアの中部の方では牛の牛乳を原料にしたものではなくイタリアに生息している羊の乳を使ったペコリーノが有名です。
このチーズの特長としては、柔らかくクセがないので食べやすいです。
このようにイタリアのチーズには硬いのから柔らかいものまで様々ですから色々食べ比べされると違いがわかると思います。

このページの先頭へ